ユーグレナでジェット燃料

飛行機を飛ばそう│ユーグレナ燃料「ミドリムシオイル」で飛行機が飛ぶ

ユーグレナ社の挑戦、それは「ユーグレナで飛行機を飛ばす」こと。

今それが、近い将来実現するかもしれないのです。

ミドリムシオイルの成分が、ジェット燃料に適している話

飛行機の燃料であるジェット燃料。それに適しているのは、軽油のように軽質な燃料なのです。現在は、軽油より軽い灯油を元に作られています。でも実は、ミドリムシから抽出・精製されるオイルも軽質なのです。そのため、現在次世代燃料として開発されている他の植物微細藻類に比べても、ミドリムシオイルはジェット燃料に適しているのです。

ミドリムシオイルなら食料と競合しない点と、生産性が高い点。

ミドリムシの培養は、農地でなくても出来るのです。そう、自然にもいっぱいあるということは簡単に培養できる。専用設備を利用するため農地をつぶして培養場所にするようなことは必要ありません。
最近開発されているサトウキビやトウモロコシといったバイオ燃料とはまた違います。この燃料が近年注目されたため、とうもろこしの価格が高騰し、地球上でさらなる飢餓を生むことになってしまいました。

そうです。ミドリムシを燃料にすれば食料と競合する心配がないため、現在の小麦やとうもろこしの価格高騰を抑えることも出来、食料を燃料にすることもなくなり、適正価格に戻す事が期待できるのです。

現在、世界中でバイオ燃料候補として挙げられている植物より、敷地面積当たりで計算すると生産性が高いことも特徴です。
ユーグレナ社東京大学内ラボでの実験では、油ヤシの実に比べなんと、15倍以上の生産が可能ということが結果として出ています。

燃料だけど環境性がある事。

現在地球から掘り出されている石油は、燃やされると、元々地中に固定化されていた二酸化炭素を空気中に放出し、増加させます。

一方、ミドリムシは半分植物です。つまり、二酸化炭素を吸収して育ちます。ですので、光合成で育ったミドリムシから製造した燃料は、燃やして二酸化炭素を出したとしても、空気中の二酸化炭素はプラマイ0を目指せる。つまり、二酸化炭素を増加させないことが考えられる、循環型の燃料と言えます。

このミドリムシ燃料が普及し、石油をエネルギーとして使わなくなった時。

ミドリムシ由来のバイオジェット燃料が世界的に普及すれば、温暖化の一因といわれる二酸化炭素を地球上に増加させることなく、環境にやさしい飛行機を飛ばすことができるようになります。

今、国境を超えた未来の為にミドリムシが注目されています。

きっと皆様も、ミドリムシを飲む、食べる、ということを始めて耳にしたのはTVなどだと思います。初めて耳にした時は、さぞびっくりされたことでしょう。ですが、専門家から見るとミドリムシは将来の有望選手。いえ、こうして多くの皆様に愛飲されているユーグレナ・ファームの人気を見れば、もうすでに皆様にとっても、有望選手といっても過言ではないのではありませんか?

 

美味しく、健康になれるユーグレナ・ファームをぜひお試し下さいませ。

コメントを残す