青汁と緑汁

青汁と緑汁ってどう違うの?

青汁と緑汁を比較するとどう違うのか、疑問に思っている方はこちらをご覧ください。

Euglena scheme no arrows.svg
画像はwikiより引用:ミドリムシ

一般に青汁と呼ばれているものは、ケール、大麦若葉、明日葉など葉物野菜を中心に、普段摂りにくい食物繊維とビタミンなどが足りない方に、ドリンクとして野菜の成分を摂取することを目的に作られています。形状はパウダータイプ、ゼリータイプ、錠剤タイプなどいろいろあります。主な目的としては、「野菜不足」を補うのに最適です。

ユーグレナの緑汁は、ユーグレナ藻から取れたミドリムシを主成分として作られています。ミドリムシは鞭毛運動をする動物的性質を持ちますが、植物の仲間で、太陽の光を使い光合成により自己の栄養を作り出しています。ユーグレナ社が着目したのはこの、細胞内に貯蔵物質としてパラミロンというβ1,3-グルカンの顆粒を持っていることです。このパラミロンは、癌に良いとされているアガリクスやメシマコブ、霊芝などにも含まれています。

パラミロンとは

パラミロンの効果としては、抗酸化作用があげられます。これは、いわゆる悪玉活性酸素を消去する役目です。ベータグルカンが放射線被爆したマウスで造血機能を回復するという実験論文も、発表されており、色々な実験で実証されています。パラミロンにはスポンジのように無数の穴が空いており、食物繊維と同じように余分な老廃物を吸い取る特性があると言われています。

さらに必須アミノ酸を含むアミノ酸18種(主に肉から摂取)、不飽和脂肪酸(主に魚から摂取)、ミネラル9種(牛乳など)の栄養も入っています。

青汁と緑汁の大きな違いは

青汁は野菜不足を中心に補う健康食品。

緑汁は野菜と肉・魚、両方の栄養を補う健康食品。

ということです。

コメントを残す