ユーグレナ

ミドリムシ(ユーグレナ)にロタウイルスの増殖抑制効果があることを確認

「ミドリムシにロタウイルスの増殖抑制効果がある」ことを、ユーグレナ社が発表しました。

なんと、ミドリムシにロタウイルスの増殖抑制効果があることが実証されました。上から下から出しっぱなしという重い症状のあの怖いロタウイルスですが、ミドリムシを飲むことで増殖を抑制させる効果があるということです。

ユーグレナは5月25日、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)粉末の抽出液において、感染性胃腸炎を引き起こすロタウイルスの増殖抑制効果を確認したと発表した。同成果は、3月4日に特許出願され、5月14日に開催された「第70回日本栄養食糧学会」にて発表された。

ニュースリリース:微細藻類ユーグレナのロタウイルス増殖抑制効果を確認しました

■ユーグレナ社の発表内容

5月25日、ユーグレナ社は微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)粉末の抽出液において、ロタウイルス(感染性胃腸炎を引き起こす悪性の風邪ウイルス)の増殖が抑制される効果を研究結果にて確認。
3月4日にこの効果は特許出願され、その後、5月14日に「第70回日本栄養食糧学会」にて発表。

■ユーグレナの効果の研究内容

  • アカゲザルの腎細胞にロタウイルスを移植させ、ユーグレナ粉末の濃度の異なる抽出液を塗布した培地にそれぞれ入れて培養した。結果、ユーグレナ粉末の抽出液を加えてないものと比較して全濃度で、ロタウイルスの増殖の抑制を確認。
  • ユーグレナ粉末の抽出液の添加のタイミングを、1サイクル(16時間)を4つに区切り、(ウイルス吸着時期、ウイルス増殖にかかる時間)各時点においてロタウイルスの活性を確認する。結果、培養前期に起こるウイルスの侵入段階(最初にウイルスが定着する段階)と、細胞内に核酸が放出される「脱殻」の段階(分裂してウイルスが増える段階)で、ロタウイルスの増殖を抑制している可能性が示唆された。

つまり、こういうことです。

ユーグレナ成分が体内にある場合、ロタウイルスが身体に入って体内に定着する時に、それを防ぐ効果。そして、体内に入ってしまったウイルスが、増殖する時点でそれを抑える効果。この2つの効果が実証されたということです。

ユーグレナって、どこまで凄いんでしょうか・・・!

これは、第70回日本栄養食糧学会で確認・発表された、信頼あるユーグレナの効果です。

コメントを残す